山陽新聞デジタル|さんデジ

高等部職業コース、全県学区に 倉敷まきびと誕生寺の2支援学校

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県教委は21日、特別支援学校の倉敷まきびと誕生寺(久米南町)の2校について、高等部職業コースの学区を全県に拡大すると発表した。保護者らの要望を受けたもので、2021年度入学生から適用する。

 同コースは比較的軽度の知的障害のある生徒が就労による自立を目指す。現行は一部エリアのみが対象。この他にも、倉敷まきびの小中学部と高等部で異なっていた学区を統一するなど見直した。

 学区の変更に伴い、同コースの入試も21年度入学生から改め、同様に全県学区で知的障害のある生徒に職業教育を行う岡山瀬戸、倉敷琴浦の高等支援学校2校と実施日程をそろえる予定。

 特別支援教育課は「生徒の職業的自立の促進につなげたい」としている。

(2020年02月21日 19時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ