山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ10歳未満感染相次ぐ 北海道と埼玉、授業中止

 北海道中富良野町内の小学校に通学する兄弟の新型コロナウイルス感染が判明し、町が開いた対策会議で発言する小松田清町長(中央)=21日午後
 北海道中富良野町内の小学校に通学する兄弟の新型コロナウイルス感染が判明し、町が開いた対策会議で発言する小松田清町長(中央)=21日午後
 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が拡大する中、北海道の10歳未満と10代の小学生兄弟に続き、埼玉県の未就学男児が21日、新型ウイルスに感染したことが判明した。国内で10歳未満の子どもの感染発覚は初めて。兄弟が通う小学校は同日午後の授業を中止し、約200人を緊急下校させた。文部科学省は道教育委員会を通じて休校などの措置を要請。子どもへの感染拡大の可能性を見据え、学校や保育現場での防止策が課題となる。

 子ども3人に加え、神奈川や愛知、石川、熊本などでも計12人の新たな感染が確認された。国内で報告された感染者数は合計で743人となった。

(2020年02月22日 00時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ