山陽新聞デジタル|さんデジ

全国スポーツマスターズ日程決定 21年9月、岡山で13競技

 来年、岡山県で初開催される中高年のスポーツの祭典「日本スポーツマスターズ」の会期と実施13競技が20日決まった。会期は9月17日から5日間。

 日本スポーツ協会が東京都内で同日開いた委員会で決定した。9月17日に開会式を行い、競技は同18日に始まる。開会式と競技会場は今後選定する。

 実施競技は水泳、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、自転車、ソフトテニス、軟式野球、ソフトボール、バドミントン、空手、ボウリング、ゴルフで、愛媛県で9月に開かれる今年と同じ。水泳(8月28、29日)、ゴルフ(9月8~10日)、空手(9月11~13日)は会期前に行う。

 日本スポーツマスターズは、原則35歳以上が出場する総合大会。2001年の宮崎県を皮切りに都道府県持ち回りで毎年行われ、例年約8千人が参加している。岡山開催は昨年7月、日本スポ協の理事会で決まり、中国地方では06年の広島県に次いで2度目。

(2020年02月20日 21時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ