山陽新聞デジタル|さんデジ

新型肺炎感染者は受験控えて 国公立大2次で岡山県立大など

 25日に始まる国公立大の2次試験で、岡山、広島、香川県の国公立大の多くは、新型コロナウイルスの感染者に対し受験を認めないか、控えるよう呼び掛けている。

 岡山県立大と新見公立大は、新型コロナウイルスが学校保健安全法の規定で出席停止となる感染症に当たるとして、感染が分かった人には受験を控えるようホームページで呼び掛け。広島大と香川大も同様の理由で受験を認めない。各大学とも、受験できなかった場合、受験料の返還や追試験などの特例措置は取らないとしている。

 文部科学省は、全国の大学に振り替え受験の実施や大学入試センター試験を参考にした合否判定など柔軟な対応を検討するよう依頼している。

 岡山大は「現時点では対応を決めていない。全ての受験生に対して公正公平な選抜となるよう検討したい」としている。

(2020年02月20日 21時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ