山陽新聞デジタル|さんデジ

5月運行の「銀河」岡山で初公開 JR西 備中高梁駅で歓迎行事計画

岡山電車区で報道陣に公開された「ウエストエクスプレス銀河」
岡山電車区で報道陣に公開された「ウエストエクスプレス銀河」
 JR西日本が5月8日から運行する新しい長距離観光特急列車「ウエストエクスプレス銀河」が試運転のため初めて岡山県内に入り、岡山電車区(岡山市北区野田)で20日、報道陣に公開された。県内では備中高梁駅(高梁市)に停車することから同市の関係者も駆け付け、地元でのおもてなしをPRした。

 6両編成の車両は山陽線で快速サンライナーなどとして走る117系を改造。上品な青色「瑠璃紺(るりこん)」の外観が特徴で、ベッド脇に倉敷帆布の小物入れ、女性用更衣室には同県西粟倉村の工房による木製の椅子を採用した。

 9月までは京都駅や大阪駅と出雲市駅(島根県)を結ぶ夜行特急として運行し、上り便が備中高梁駅に35分間停車する。この日は高梁市職員や地元の観光関係者が訪れ、停車中に駅構内で備中神楽などの郷土芸能を披露したり、土産物を販売したりして歓迎することを報道陣に説明した。

 同市産業観光課の内田弘樹課長は「もう一度、高梁を訪れたいと思ってもらえるきっかけづくりと、列車の旅を盛り上げるお手伝いをしたい」と話した。

 全席指定で大阪―出雲市間の運賃・各種料金は大人が1万6480~9770円。予約は乗車日の1カ月前から、みどりの窓口やインターネットで受け付ける。

(2020年02月20日 21時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ