山陽新聞デジタル|さんデジ

白みそとチーズの多国籍鍋 シェフの家ごはん(37)

白みそとチーズの多国籍鍋 シェフの家ごはん(37)

 暖冬とは言われるものの、外に出れば、やっぱり寒い。こんな時は、家族や友人たちとワイワイ言いながら囲める鍋料理が恋しくなる。寄せ鍋、水炊き、しゃぶしゃぶ…。定番のメニューもよいけれど、たまには違った味も試してみたい。岡山プラザホテル(岡山市中区浜)の金馬道徳シェフが教えてくれた、和風の白みそと、洋風のチキンコンソメを合わせた「白みそとチーズの多国籍鍋」を紹介する。

レシピ(各4人分)


▼白みそとチーズの多国籍鍋


材料
ハクサイ1/8個、ニンジン1本、キャベツ1/2、シメジ1袋、カブ、タマネギ、ジャガイモ(メークイン)各1個、ウインナー4本、ベーコン4枚、鶏胸肉250グラム、セロリ、白ネギ各1本▽スープ用=水1・8リットル、白みそ50グラム、チキンコンソメ20グラム、パルメザンチーズ20グラム、とろけるチーズ、塩各適量▽締め用=ミートソース1缶


作り方
①下ゆで前に、野菜をカット。ハクサイはざく切り。ニンジンは縦半分にしてから斜め切り。煮崩れしにくいメークインを6等分。カブは皮をむいて四つに。キャベツは芯を残すように放射状に4等分。そのほかは食べやすい大きさに切る
②野菜を下ゆで。火の通りにくい順で、ニンジン、カブ、メークイン、タマネギ、キャベツなどの順番。(ハクサイは下ゆでしない)
③胸肉を3~4センチ四方にカット
④鍋にスープ用の水、白みそ、チキンコンソメを入れて煮立てる。沸騰したら肉、ウインナー、ベーコン、野菜を投入
⑤具材に火が通ったらスープ用のパルメザンチーズを加え、塩で味を調える
⑥器に取り、そのままか、市販のスイートチリソースをかけて食べる
⑦締めは、残ったスープにとろけるチーズ、ミートソースを加えて味を調節。パスタ、リゾットにしたり、スライスしたフランスパンにつけたりしていただく

(2020年02月23日 20時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ