山陽新聞デジタル|さんデジ

うずしお大使が「渦まつり」PR 鳴門市キャラバン隊が本社来訪

渦潮の魅力をアピールする鳴門うずしお大使の池渕さん
渦潮の魅力をアピールする鳴門うずしお大使の池渕さん
 徳島県鳴門市の観光キャラバン隊が17日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、これから見頃を迎える鳴門海峡の渦潮など鳴門の見どころをアピールした。

 鳴門うずしお大使の池渕澄玲(すみれ)さん(22)ら鳴門市うずしお観光協会の5人が訪問。鳴門の渦潮は世界最大級で、春の大潮の時期には直径20メートルもの大きな渦が出現するという。見頃に合わせて22日から4月30日の日程で春の渦まつりを行う。池渕さんは「初日は渦開きを行い、黄金の鍵を海に投げ入れるセレモニーなどがある。自然が生み出す絶景をぜひ見に訪れて」と呼び掛けた。

 一行はこのほか、2018年のNHK紅白歌合戦で徳島県出身の歌手・米津玄師さんが曲を披露して注目された大塚国際美術館といった鳴門の観光スポットをPR。ワカメ、タイなど春においしさを増す海の幸の魅力も訴えた。

(2020年02月19日 18時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ