山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山駅に期間限定立ち飲みBAR 23日まで、県内の地酒豊富

JR岡山駅にオープンした「立ち飲みBAR」
JR岡山駅にオープンした「立ち飲みBAR」
 JR岡山駅東口1階の飲食店街「サンフェスタ岡山」イベント広場に18日、期間限定の「岡山駅立ち飲みBAR」がオープンした。23日までの間、県内の酒蔵の地酒を楽しめる。

 JR西日本岡山支社が地酒を気軽に味わってもらおうと企画。同支社などが地元の逸品「うめぇもん」に認定した6社が交代で登場し、純米大吟醸原酒や純米酒など自慢の銘柄を提供する。値段は1杯300~500円。

 初日は宮下酒造(岡山市)、菊池酒造(倉敷市)、嘉美心酒造(浅口市)が計17銘柄を販売。帰宅中の会社員らが早速立ち寄った。岡山市北区、会社員(28)は「普段は飲まないお酒が並んでいるので、いろいろ試したい」と話した。

 平日は午後5時~9時、土・日曜午後1時~7時。同支社管内(県内と広島県東部)の主要駅に置いているちらしのクーポンを持参すれば、指定銘柄の地酒1杯が無料(1日先着50人)となる。

(2020年02月18日 18時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ