山陽新聞デジタル|さんデジ

新型肺炎で3月の全人代延期へ 異例措置、習主席訪日に影響も

 2019年3月に開かれた中国全人代=北京の人民大会堂(共同)
 2019年3月に開かれた中国全人代=北京の人民大会堂(共同)
 【北京共同】新華社電によると、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は17日、北京で3月5日から開催する予定の第13期全人代第3回会議の延期を24日に審議することを決めた。事実上の延期決定。感染症が中国の重要政治日程に影響を及ぼす異例の事態に発展した。

 日中両政府が4月上旬を軸に調整してきた習近平国家主席の国賓訪日などの外交日程や、経済運営にも影響するのは必至だ。どの程度延期されるのかは不明。

 全人代はその年の主要政策を打ち出す重要会議。毎年3月5日から10日間程度開かれてきた。

(2020年02月17日 18時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ