山陽新聞デジタル|さんデジ

NTT、テレワーク活用 新型肺炎で最大20万人規模

 NTTグループが、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受けた対策として、17日以降、時差出勤や在宅勤務などの「テレワーク」の活用を強化することが16日、分かった。同グループは国内に約20万人の従業員を抱える。具体的な規模や内容は今後、各事業会社が決めることになるが、国内のほかの企業にも同様の対策が広がりそうだ。

 持ち株会社のNTTが14日夜に、傘下のNTTドコモやNTT東日本、西日本などの各事業会社に通知した。具体的には、人混みを避けるため、時差出勤やテレワークの積極的な活用を呼び掛けたほか、大人数が集まる会議の自粛を求めた。

(2020年02月17日 01時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ