山陽新聞デジタル|さんデジ

片山さん(岡山市)に挑戦権 山陽本因坊戦、23日に3番勝負

山陽本因坊挑戦を決めた片山さん(右)。左は服部さん
山陽本因坊挑戦を決めた片山さん(右)。左は服部さん
 郷土のアマチュア囲碁界の頂点を競う「第64回山陽本因坊戦」(岡山県アマチュア囲碁連盟、山陽新聞社主催)の挑戦者決定戦が16日、岡山市北区柳町、山陽新聞社で行われ、公務員片山孝さん(48)=同東古松=が勝利。初タイトルをかけて小野拓馬山陽本因坊(36)=大阪市=との3番勝負に挑む。

 広島県、大阪府の岡山県出身者を含む47人のトーナメント(9日)を勝ち上がった8人が、総互先、黒番6目半コミ出し、持ち時間各1時間で熱戦を繰り広げた。

 挑戦者決定戦は片山さんと、高校教員服部清彦さん(62)=同市=が対戦。中盤の競り合いで主導権を握った片山さんが、冷静な打ち回しで優勢を築き、押し切った。

 昨年と同じ顔合わせとなる3番勝負は、23日に同社で打たれる。

 挑戦者決定戦、準決勝の観戦記を3月2日から本紙夕刊に掲載予定。

 挑戦者決定戦を除く成績は次の通り。(上が勝者、敬称略)

 【準々決勝】片山 1目半 佐田勝典(岡山市)▽小林敏郎(同) 半目 三宅恒夫(同)▽服部 18目半 薮下博史(玉野市)▽福原勘左衛門(津山市) 中押し 兼田雅史(岡山市)【準決勝】片山 中押し 小林▽服部 4目半 福原【3位決定戦】福原 中押し 小林

(2020年02月16日 19時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ