山陽新聞デジタル|さんデジ

首里城の復元支援へ100万円 美作大沖縄県人会 21日に現地へ

学内で募金への協力を呼び掛ける沖縄県人会の学生ら=2019年11月7日
学内で募金への協力を呼び掛ける沖縄県人会の学生ら=2019年11月7日
 美作大・短期大学部(津山市北園町)の沖縄県出身者の学生でつくる県人会(約100人)は、昨年10月末に正殿などを焼失した首里城(那覇市)の復元支援のために集めた寄付金を那覇市に贈る。県人会副会長の新垣美月さん(21)や鵜崎実学長らが21日に同市を訪れ、目録を手渡す。

 金額は受け取り予定のものも含め100万円。後日、那覇市に入金する。県人会は昨年11月から募金活動に取り組み、学内への募金箱設置や口座の開設、イベント会場で伝統舞踊のエイサーを披露するなどして協力を呼び掛けており、今後も続ける。

 口座番号は中国銀行津山北支店「2526017」で、口座名は「美作大学沖縄県人会 首里城再建募金 新垣美月」。問い合わせは同大広報室(0868ー22―7711)。

(2020年02月17日 14時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ