山陽新聞デジタル|さんデジ

前田(天満屋)日本新記録でV 青梅マラソン30キロ

前田穂南選手
前田穂南選手
 東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(23)=天満屋=が16日、東京・青梅市で行われた青梅マラソン女子30キロに出場し、1時間38分35秒の日本新記録で優勝した。

 従来記録は、アテネ五輪金メダリストの野口みずきが2005年のベルリンマラソン(30キロ通過タイム)でマークした1時間38分49秒。前田は、野口が持つ大会記録(1時間39分9秒)も更新し「(1時間)39分切りは目標にしていたが、日本記録までは考えていなかった。東京五輪に向けて良いモチベーションになったので、金メダルを目指して頑張っていきたい」と話した。

 兵庫県尼崎市出身の前田は大阪薫英女学院高から15年に天満屋入り。6度目のフルマラソンだった昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップを制し、全競技を通じ岡山勢第1号となる東京五輪代表を決めた。

(2020年02月16日 16時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ