山陽新聞デジタル|さんデジ

「大きくなりすぎちゃって悪いけ…

 「大きくなりすぎちゃって悪いけど…」。岡山県北で自家用野菜を作る親族から大根をもらった。記録的な暖冬で生育が早く、収穫が追いつかないらしい▼今冬は店頭でも野菜が安いようだ。大根をはじめ白菜、キャベツなども豊作で、価格を押し下げている。消費者としてはうれしいが、渋面の生産者を思えば複雑だ▼暖冬の原因はインド洋のダイポールモード現象と報じられている。インド洋の海水温が西高東低に二極化する現象で、ダイポールは「双極」の意味という。1999年に東大教授らのグループが見つけた▼インド洋の西側で雲が通常より多く発生するようになって偏西風の流れが変わり、暖かい空気が日本列島を覆うようになるという。一方、この現象が日本とは季節が反対のオーストラリアにもたらしたのが記録的な高温と乾燥である▼同国では昨年9月ごろから各地で森林火災が起き、日本の本州の半分ほどの面積が焼失した。今月に入って降った雨で多くの地域で鎮火したようだが、今度は記録的豪雨となってしまい、一部の地域では洪水が起きているというから心配だ▼温暖化の進行により、ダイポールモード現象は頻発化するとの指摘もあるという。日本の暖冬とかの国の火災はつながっている。私たち人間は、地球という船に乗る共同体だと改めて考えさせられる。

(2020年02月16日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ