山陽新聞デジタル|さんデジ

阪神新外国人エドワーズに期待感 打撃特訓に登板

 打撃投手を務める阪神・エドワーズ=宜野座
 打撃投手を務める阪神・エドワーズ=宜野座
 阪神の新外国人エドワーズが評価を上げている。昼時の打撃特訓に登板し、上背196センチからストライクゾーンを確かめながら37球。福留には懐に食い込むような速球でバットをへし折る場面もあり「いい感じに来ている」と納得顔だった。

 同じ新戦力で右打ちのサンズから空振りを奪ったスライダーは、打者の手元で鋭く曲がり「自信を持って投げられる球。空振りを取りたい」と意気盛ん。抑えの藤川へのつなぎ役として、矢野監督は「簡単に打てそうにない。ブレーキのある球も投げていた。早く実戦で見てみたい」と期待感を口にした。(宜野座)

(2020年02月14日 21時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ