山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ選手らJ1昇格誓う リーグ開幕前に伊原木知事を訪問

伊原木知事(手前左)に健闘を誓う選手ら
伊原木知事(手前左)に健闘を誓う選手ら
 サッカーJ2のリーグ開幕(23日)を前に、ファジアーノ岡山の選手らが14日、県庁を訪れ、伊原木隆太知事に悲願のJ1昇格を誓った。

 鈴木徳彦代表・ゼネラルマネジャー、北川真也社長、有馬賢二監督と、GK椎名一馬、DF椋原健太の両選手が訪問。有馬監督は「積み上げてきたものを継続しつつ、新しいメンバーを加えてチームを進化させている。昨年なし得なかったJ1昇格を目指して戦いたい」と意気込みを語った。

 知事は「県民を挙げて応援している。ぜひ今季も頑張ってほしい」と激励した。

 ファジアーノは今月9日までに沖縄、宮崎県でのキャンプを終え、シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で23日、金沢との開幕戦に臨む。昨季は9位だった。

(2020年02月14日 20時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ