山陽新聞デジタル|さんデジ

西大寺会陽 15日交通規制 岡山東署 公共機関の利用呼び掛け

西大寺会陽 15日交通規制 岡山東署 公共機関の利用呼び掛け
 15日に西大寺観音院(岡山市東区西大寺中)で開かれる国指定重要無形民俗文化財・西大寺会陽に合わせ、岡山東署は同日午後3時20分から16日午前0時ごろまで、会場周辺の道路を交通規制する。混雑が予想されるとして、公共交通機関の利用を呼び掛けている。

 岡山市東区西大寺中1~3丁目を中心に車両の通行を順次規制。花火を打ち上げるため、吉井川東側の市道も午後6時から8時に通行を禁止する。

 駐車場は6カ所に計1485台分を用意。無料は天満屋ハピータウンや山陽マルナカなど5カ所(1235台分)で、有料の向州グラウンド(250台分)は1台500円で駐車できる。

 「裸祭り」と呼ばれる西大寺会陽は、午後3時20分の「少年はだか祭り」で幕開け。2日から始まった五穀豊穣(ほうじょう)などを祈る「修正会(しゅしょうえ)」が結願(けちがん)を迎える15日午後10時に一対の宝木(しんぎ)が本堂の御福窓から投げ込まれる。

(2020年02月14日 15時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ