山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ 開幕戦カウントダウン 岡山駅にボードお目見え

ファジアーノ岡山の開幕戦をPRするカウントダウンボードと福元選手(左)ら=JR岡山駅
ファジアーノ岡山の開幕戦をPRするカウントダウンボードと福元選手(左)ら=JR岡山駅
 サッカーJ2ファジアーノ岡山の開幕戦を23日に控え、当日までの日数を知らせる「カウントダウンボード」が13日、JR岡山駅の在来線改札口内にお目見えした。ホームのシティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で行われるシーズン初戦を盛り上げようと、JR西日本岡山支社が初めて企画した。

 チームカラーのワインレッドを基調とした縦2・1メートル、横3・2メートル。除幕式で幕が下ろされると、開幕日や、試合当日までの「あと10日」などと記されたボードがお披露目された。同支社の有田泰弘支社長は「開幕戦を満席にするお手伝いができれば」と話し、FW福元友哉選手(20)は「J1昇格に向け、絶対に勝つ」と決意を示した。

 23日のツエーゲン金沢戦は午後2時キックオフ。当日、岡山駅では改札の駅員がファジアーノのエンブレムをデザインしたオリジナルの法被を着て業務に当たる。開幕後は、次のホーム戦の日程を紹介するボード(縦2・2メートル、横0・9メートル)を置く。

(2020年02月13日 20時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ