山陽新聞デジタル|さんデジ

県内五輪聖火リレー 予定時間公表 スタート地点は井原、玉野市

県内五輪聖火リレー 予定時間公表 スタート地点は井原、玉野市
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、5月に岡山県内10市2町を巡る聖火リレーの出発、到着時間を発表した。各ルートを35~45分かけて走る。

 初日の5月20日は井原市の衣料品店駐車場を午前8時半に出発。高梁市、吉備中央町、総社、倉敷、岡山市を通り、この日の最終地点の岡山城下の段には午後6時5分に到着する予定。

 翌21日は午前9時42分に玉野市・宇野港のオブジェ「宇野のチヌ」を出て、真庭、赤磐、美作市、奈義町、津山市を回る。最終地点の津山中央公園グラウンドに着くのは午後7時17分となる。

 聖火の到着を祝い、最終地点で両日行うイベント「セレブレーション」の開始時間は未定としている。

 県内リレーの総延長は約32キロで、1市町当たり2~3キロ。ランナーは五輪マラソン連続メダリストの有森裕子さんや、バンクーバー五輪フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さんらが既に選出されており、担当する市町は3月上旬に発表される見込み。

(2020年02月13日 18時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ