山陽新聞デジタル|さんデジ

行ってみたい「裁判所珍百景」 市民に身近な存在となるきっかけに

奈良地方裁判所の構内で芝生を食べる鹿(左奥)=筆者撮影
奈良地方裁判所の構内で芝生を食べる鹿(左奥)=筆者撮影
盛岡地方裁判所の石割桜=吉江暢洋弁護士(岩手弁護士会)撮影
盛岡地方裁判所の石割桜=吉江暢洋弁護士(岩手弁護士会)撮影
旧福岡家庭裁判所の「家栽」マンホール=知名健太郎定信弁護士(福岡県弁護士会)撮影
旧福岡家庭裁判所の「家栽」マンホール=知名健太郎定信弁護士(福岡県弁護士会)撮影
 裁判所といえば、ほとんどの方にとっては「行ってみたい」場所ではないと思います。しかし、日本も広く、全国に目を広げると行ってみたい、一度は見てみたい「裁判所珍百景」といえる裁判所もあるのです。

 私の中で行ってみたい「裁判所珍百景」の一つであった奈良地方裁判所に、先日、奈良弁護士会の災害対策研修の講師に呼ばれて行った際に立ち寄ることができました。

 「奈良地方裁判所では鹿が構内で草を自由に食べている」という話を何度となく耳にしていましたが、「奈良ならありうる。いや、裁判所が動物の侵入を許すだろうか…都市伝説ではないか」などと考えていました。

 結果は本当に裁判所に鹿がいました。写真のとおり奈良地方裁判所の構内の芝生を食べていました。正確には、裁判所に鹿がいるというより、裁判所にも鹿がいるという状態であることは少し奈良を散策すれば分かりました。

 奈良の弁護士さんの話では、裁判所に行けば必ず鹿を見られる訳ではなく、新型コロナウィルスの影響で観光客が激減して鹿が鹿せんべいをあまりもらえなくなったので、今日は芝生を食べに来ていたのではないかとのことでした。世の中がさまざまな連鎖で成り立っていることを実感しました。

 鹿が自由に草を食べている姿を見ながら、「これも一つの開かれた裁判所の姿だな」と思い、昨年から始まった岡山地方裁判所での入館者に対する手荷物検査のことを思い出し、奈良地方裁判所の地域社会への開放感をうらやましく思いました。

 二つ目は、まだ行ったことがないのですが、「裁判所珍百景」のマイベストである盛岡地方裁判所の中の「石割桜」です。盛岡市のホームページに掲載されるほどの観光スポットとなっており、大きな花こう岩の割れ目から樹齢推定約400年の大きな桜が生えており、春には見事な花を咲かせるそうです。国の天然記念物にも指定されておりぜひ行ってみたい裁判所です。桜の季節に岩手弁護士会に講師に呼んでほしいです。

 三つ目の「裁判所珍百景」は、旧福岡家庭裁判所のマンホールです。「えっ、マンホール?」と思われるかも知れませんが、心あたたまるストーリーがあるマンホールなので「裁判所珍百景」と言えると思います。

 旧福岡家庭裁判所前のマンホールには本来「家裁」の「裁」とするところを「栽培」の「栽」で「家栽」と書かれています。ここで「おっ!!」と思われた方はかなりの裁判所マニアか漫画マニアですね。今となると少し前の漫画になりますが、裁判所を扱った漫画で一番有名と言って良い「家栽の人」というドラマ化もされた名作人気漫画をご存じでしょうか。家庭裁判所の裁判官が主人公の漫画で、タイトルは、少年事件を取り扱う家庭裁判所において「人を育てる」という意味を込めて「家『裁』の人」ではなく「家『栽』の人」というタイトルになったと言われています。

 マンホールが設置された時期は漫画が書かれる前のようですが、漫画の人気が出た後に、マンホールの記載が「家栽」となっていることが発覚し、設置業者からの取り換えの申し出が裁判所に来た際に、裁判所の職員さんがそのままで良いですと答えて、残ったそうです。真相は分かりませんが、「家栽の人」に敬意を表し、人を育てる裁判所を目指す静かな情熱から残してくれたと思いたいです。

 ただ、昨年、福岡家庭裁判所は別の場所に移転されていますが、まだマンホールは撤去されていないようなので、撤去される前にぜひ見てみたいです。

 今回の「裁判所珍百景」で裁判所へのイメージが少し変わりましたでしょうか。これからも弁護士という立場を生かして、「裁判所珍百景」を全国から集めてこのコラムで紹介して、皆さんに裁判所を身近に感じてもらえればと思います。

 ◇

 大山知康(おおやま・ともやす)2006年から弁護士活動を始め、岡山弁護士会副会長など歴任し、17年4月から同会環境保全・災害対策委員長、18年4月から中国地方弁護士会連合会災害復興に関する委員会委員長。新見市で唯一の弁護士としても活動。市民の寄付を基にNPOなどの活動を支援する公益財団法人「みんなでつくる財団おかやま」代表理事も務める。19年1月からは防災士にも登録。趣味はサッカーで、岡山湯郷ベルやファジアーノ岡山のサポーター。青山学院大国際政治経済学部卒。玉野市出身。1977年生まれ。

(2020年02月14日 11時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ