山陽新聞デジタル|さんデジ

シティライトナインらが必勝祈願 最上稲荷「全国8強以上を」

必勝祈願をするシティライト岡山ナインら=最上稲荷
必勝祈願をするシティライト岡山ナインら=最上稲荷
 社会人野球の二大大会に2年連続で出場を目指すシティライト岡山が8日、岡山市の最上稲荷で必勝祈願を行った。

 桐山拓也監督や新人を含む選手、丸山明社長ら約40人がスーツ姿で参拝し、本殿で祈とうを受けた。

 シティライトは参戦12年目だった昨季、夏の都市対抗大会に岡山市勢ではクラレ岡山(73年解散)以来、47年ぶりとなる代表権をつかみ本大会でも1勝。秋の日本選手権にも初出場した。

 今季のスローガンは「ONE TEAM」で、丸山高明主将は「野球部だけではなく、会社全体で戦っていく意識で取り組みたい」と抱負。桐山監督は「ドームで勝てる野球を目指していく」と全国8強以上を掲げた。チームは3月に高知キャンプを行い、シーズン開幕に備える。

(2020年02月08日 22時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ