山陽新聞デジタル|さんデジ

羽田都心飛行ルート、実機で確認 国交省、安全性アピールへ

 国土交通省は30日、羽田空港で3月29日から運用する新たな飛行ルートの「実機飛行確認」を始める。羽田に発着する旅客機は従来、騒音の影響を避け主に東京湾上空を飛んでいた。新ルートでは午後3~7時に南風が吹いた場合、到着便が、さいたま市付近から南へ進み、新宿や渋谷など都心上空を飛ぶ。騒音や部品落下に懸念の声もあり、国交省は実際に運航している旅客機の飛行で、安全性をアピールしたい考えだ。

 羽田の新ルートは東京五輪・パラリンピックに合わせ航空需要が拡大すると見込み、国際線増便を図ろうと計画された。風向きや時間帯に応じ複数の飛行ルートがある。

(2020年01月29日 15時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ