山陽新聞デジタル|さんデジ

北海道、猛吹雪に警戒を 東北も暴風や高波の恐れ

 発達する低気圧の影響で東北太平洋側の海上は30日未明にかけて、北海道で31日にかけて強い風が吹くとして、気象庁は29日、警戒を呼び掛けた。暴風・高波による船舶や沿岸施設の被害、特に北海道は猛吹雪や大雪による交通障害が生じる恐れがある。流氷の動きにも注意が必要だ。

 気象庁によると、低気圧は福島県沖から30日には北海道・襟裳岬付近にゆっくり進む見通し。

 東北で30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は太平洋側海上20メートル(30メートル)、陸上15メートル(30メートル)、日本海側海上18メートル(30メートル)、陸上13メートル(25メートル)。

(2020年01月29日 18時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ