山陽新聞デジタル|さんデジ

武漢へのチャーター機、今夜派遣 新型肺炎、指定感染症に閣議決定

 チャーター機の派遣を記者団に発表する茂木外相=28日午後、国会
 チャーター機の派遣を記者団に発表する茂木外相=28日午後、国会
 中国・武漢で新型肺炎の患者に対応する医療従事者ら=27日(新華社=共同)
 中国・武漢で新型肺炎の患者に対応する医療従事者ら=27日(新華社=共同)
 茂木敏充外相は28日、新型コロナウイルスの肺炎が発生した中国湖北省武漢に滞在する邦人を帰国させるため、チャーター機1機を同日夜に現地に向けて派遣すると記者団に明らかにした。約200人が29日に羽田空港に帰国する。政府は武漢で発生した新型コロナウイルスによる感染症を、感染症法に基づく「指定感染症」とすることを閣議決定。患者の強制的入院や、就業の制限などの対策が可能になる。

 指定は日本での新型肺炎の拡大を防ぐ狙い。2月7日に政令を施行する。加藤勝信厚生労働相は閣議後の記者会見で「感染拡大の防止に万全を期す」と説明した。

(2020年01月28日 13時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ