山陽新聞デジタル|さんデジ

「30年一区切り」と玉三郎さん 5月の熊本・八千代座舞踊公演

 5月で最後とする熊本県山鹿市の芝居小屋「八千代座」での舞踊公演について取材に応じる坂東玉三郎さん=27日午後、東京都内
 5月で最後とする熊本県山鹿市の芝居小屋「八千代座」での舞踊公演について取材に応じる坂東玉三郎さん=27日午後、東京都内
 歌舞伎俳優の坂東玉三郎さん(69)が27日、東京都内で会見し、1990年から続け今年5月で最後とする熊本県山鹿市の芝居小屋「八千代座」での舞踊公演について「30周年で一区切り。精いっぱいやってきました」と思いを語った。

 玉三郎さんは「今後もトークショーや歌のライブで伺うことは考えられます」としながらも「地方で単発の舞踊公演は体力的に難しい。地元や次の世代で八千代座の舞台を引っ張る方が現れてほしい」と述べた。

 最後の舞踊公演は5月20~26日に、リクエストが多かったという演目「藤娘」と「鷺娘」を、実演と以前に撮影した映像を組み合わせて上演する。

(2020年01月27日 17時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ