山陽新聞デジタル|さんデジ

W杯ジャンプ男子団体、日本4位 優勝はドイツ

 W杯ジャンプ男子団体第3戦で、ジャンプ台記録を飛んだ佐藤幸椰=ザコパネ(AP=共同)
 W杯ジャンプ男子団体第3戦で、ジャンプ台記録を飛んだ佐藤幸椰=ザコパネ(AP=共同)
 【ザコパネ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は25日、ポーランドのザコパネで団体第3戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、佐藤幸椰、佐藤慧一、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)小林陵侑(土屋ホーム)で臨んだ日本は合計1122・5点の4位だった。

 1回目を6位で折り返した日本は、2回目に佐藤幸がジャンプ台記録の147メートルを飛ぶなど奮闘したが、表彰台には届かなかった。ドイツが1182・2点で優勝し、ノルウェーが2位、スロベニアが3位だった。

(2020年01月26日 11時59分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ