山陽新聞デジタル|さんデジ

熱く爽やかに演奏 18校22団体 倉敷で高梁川流域高校音楽会

「私のたからもの」を合唱する高校生ら
「私のたからもの」を合唱する高校生ら
 高梁川流域の高校生による音楽会「ジョイフルコンサート」(高梁川流域連盟など主催)が25日、倉敷市本町の市民会館で開かれた。生徒たちの熱く爽やかな演奏に、聴衆約660人が聞き入った。

 倉敷、総社、笠岡、井原、浅口、高梁市の18校にある吹奏楽やコーラス(合唱)部計22団体が出演。人気バンド「Official髭男dism」のヒット曲をはつらつと披露した一方、東日本大震災後に福島県の中学生の言葉で作詞した合唱曲「群青」では繊細な音色を響かせた。

 古城池、倉敷中央、水島工業(いずれも倉敷市)の3吹奏楽部はディズニー映画「ライオン・キング」の劇中曲を合奏した。メンバーの古城池高2年女子生徒(17)は「他校との合奏はこのコンサートならでは。新鮮で楽しかった」と話した。

 流域の連帯を育もうと毎年開かれ63回目。エンディングには出演者全員で、流域の高校生から歌詞を募った曲「私のたからもの」を合唱した。

(2020年01月25日 18時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ