山陽新聞デジタル|さんデジ

渋野日向子選手が一日税務署長 岡山東、スマホで確定申告PR

一日税務署長を務めた渋野選手
一日税務署長を務めた渋野選手
スマホでの確定申告を体験
スマホでの確定申告を体験
 東京五輪の女子ゴルフ代表有力候補の渋野日向子選手(21)=岡山市出身=が24日、岡山東税務署(同市北区天神町)の一日署長を務め、スマートフォンを利用した確定申告をPRした。

 渋野選手は駿同(するどう)利明署長から委嘱状とたすきを受け取り、「スマホを使った申告の利便性を知ってもらうため、広報に努めたい」と笑顔で訓示した。申告書の作成体験では、職員の助言を受けながらスマホを操作し、国税庁の専用サイトで収入などの模擬データを入力。10分ほどで完了した。

 「思ったより簡単。多くの人に利用してほしい」と渋野選手。「ゴルフで稼いだ賞金のうちから納める税金が社会に役立てば」などと話した。

 2019年分の所得税確定申告(2月17日~3月16日)を前に、インターネットで自宅のパソコンやスマホから手続きできる電子申告・納税システム「e―Tax」の利用促進を図ろうと、同税務署が企画した。

渋野日向子プロのニュースまとめ

(2020年01月24日 11時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ