山陽新聞デジタル|さんデジ

死者26人、肺炎感染ほぼ全土に 中国、厳戒下で春節始まる

 23日、中国・武漢から鉄道で北京に到着した旅客の熱を測る検査員(ゲッティ=共同)
 23日、中国・武漢から鉄道で北京に到着した旅客の熱を測る検査員(ゲッティ=共同)
 【北京共同】中国当局は24日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が中国で26人になり、発症者は31の省・自治区・直轄市のうち29で確認されて計830人に上ったと発表した。感染はほぼ全土に広がり、最初に確認された湖北省武漢市以外でも死亡例が相次いだ。感染が急拡大する中、厳戒態勢下で春節(旧正月)の大型連休が24日に始まった。

 中国では30日までの連休中や前後に延べ約30億人が移動する見込みで、日本など海外への旅行客も700万人を超える見通しだ。既に日本を含むアジアや米国などで発症者が確認されており、人の移動に伴い増える恐れもある。

(2020年01月24日 12時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ