山陽新聞デジタル|さんデジ

米EVテスラ、トヨタに次ぐ2位 時価1千億ドル突破、VW抜く

 米コロラド州のディーラーの店頭に並ぶテスラ車=2019年11月(AP=共同)
 米コロラド州のディーラーの店頭に並ぶテスラ車=2019年11月(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラの株価が上昇し、業績や成長性を映す時価総額が22日終値換算で約1027億ドル(約11兆2700億円)と1千億ドルの大台を突破した。自動車業界では、ドル換算で約996億ドルだったドイツのフォルクスワーゲン(VW)を抜き、トヨタ自動車に次ぐ世界2位に躍り出た。米メディアが報じた。

 テスラは今月、初の海外工場となる上海で生産した量販車「モデル3」の納車を始めた。世界最大市場の中国で業績拡大が期待され、アナリストによる投資判断の引き上げが相次いだことで盛んに買われている。

(2020年01月23日 09時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ