山陽新聞デジタル|さんデジ

米上院、弾劾裁判の冒頭陳述開始 野党、大統領の罷免要求

 トランプ米大統領の弾劾裁判の審議をする上院=22日、ワシントン(上院テレビ提供、AP=共同)
 トランプ米大統領の弾劾裁判の審議をする上院=22日、ワシントン(上院テレビ提供、AP=共同)
 【ワシントン共同】米上院の弾劾裁判で22日、検察官役の野党民主党下院議員団による冒頭陳述が始まった。3日間実施する予定。トランプ大統領がウクライナを11月の米大統領選に介入させて選挙戦を有利に戦おうとしたとして「権力乱用」を厳しく追及、罷免を要求した。

 主任検事役のシフ下院情報特別委員長は、ウクライナへの軍事支援の見返りに、トランプ氏が大統領選有力候補のバイデン前副大統領(民主党)周辺の調査を要求したと指摘。下院公聴会や記者会見での政府高官の発言を証拠として映像で示した上で「罷免しなければ、選挙戦で優位に立つため、地位を利用し続けるだろう」と訴えた。

(2020年01月23日 09時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ