山陽新聞デジタル|さんデジ

浅口の菌検出浴場 22日から再開 洗浄、消毒を行い安全性確認

 浅口市は21日、岡山県が定めた基準値を超えるレジオネラ菌が検出され、昨年12月26日から利用を中止していた市健康福祉センター(同市鴨方町鴨方)の浴場を22日から再開すると発表した。

 市によると、9日に浴槽や配管の洗浄、消毒を行い、14日の再検査で100ミリリットル中10CFU(菌の塊の単位)未満の基準値を下回り、安全性が確認された。これまでに健康被害の報告はない。

(2020年01月21日 20時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ