山陽新聞デジタル|さんデジ

中国新型肺炎、4人目の死者 医療従事者14人も感染

 中国・湖北省武漢市の空港でマスクをして歩く人たち=1月17日(共同)
 中国・湖北省武漢市の空港でマスクをして歩く人たち=1月17日(共同)
 【北京共同】中国湖北省武漢市の衛生当局は21日未明、新型コロナウイルスによる肺炎で男性(89)が19日に死亡していたと発表した。死者は4人目。中国国営メディアによると中国政府は20日、新型肺炎が医療従事者14人にも感染したと明らかにした。人から人に感染するため、帰省や旅行で人の往来が増える春節(旧正月)の連休(24~30日)に、さらに発症者が増えるとの見通しも示した。

 世界保健機関(WHO)は20日、緊急委員会を22日に、本部のあるスイスのジュネーブで開催すると発表した。新型肺炎が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に相当するかなどを協議する。

(2020年01月21日 13時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ