山陽新聞デジタル|さんデジ

1046人 鍛錬と連携強化誓う 美作市が消防出初め式

任命された新入団員の代表(前列)
任命された新入団員の代表(前列)
 美作市の消防出初め式が19日、江見のバレンタインパーク作東総合グラウンドで行われた。消防団員と消防職員の1046人が鍛錬と連携の強化を誓った。

 市議や市内外の消防関係者ら来賓約40人が見守る中、消防車両32台、参加者が入場行進して整列。萩原誠司市長が「市民の信頼に応えていただき、本当にありがたい」と感謝を述べ、引き続きの協力を呼び掛けた。

 永井秀一消防団長は「訓練を積み重ね、機動力をアップさせてほしい」、皆木佳久消防長は「仲間を大切にして活動に取り組んでほしい」とそれぞれ訓示した。

 新入団員29人を任命し、代表して勝田方面隊の横山直紀さん(37)が宣誓。職員・団員計241人の表彰も行われ、功績をたたえた。

 市内の消防団員は1日現在、1872人。

(2020年01月20日 17時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ