山陽新聞デジタル|さんデジ

国後へ連行の漁船、根室に帰港 罰金12万円を納付

 ロシア当局から解放され、国後島から帰港した「第68翔洋丸」=20日午後、北海道根室市の花咲港
 ロシア当局から解放され、国後島から帰港した「第68翔洋丸」=20日午後、北海道根室市の花咲港
 【モスクワ共同】ロシア当局が解放した北海道根室市の歯舞漁協所属のマダラ底はえ縄漁船「第68翔洋丸」が20日夕、根室の花咲港に帰港した。ロシアの司法関係者によると、国後島の裁判所は同日、船長に対し罰金約6万8千ルーブル(約12万2千円)の支払いを命じた。

 極東サハリン州の国境警備局は20日、調査の結果、船内から操業日誌に記載されていない1100キロ以上の漁獲物を発見したと発表。罰金は既に納付されたとしている。

 翔洋丸は6人乗りで15日夕、ロシアが主張する排他的経済水域(EEZ)で臨検を受け、国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリーリスク)に連行された。

(2020年01月20日 18時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ