山陽新聞デジタル|さんデジ

ベトナム税関へ贈賄の疑い 元会社社長を書類送検、愛知県警

 追徴課税を減額してもらう見返りにベトナムの税関職員に約735万円相当の現金を渡したとして、愛知県警捜査2課は20日までに、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の疑いで、同国に本社を置く電線加工品販売会社の元社長の日本人男性(48)=同県北名古屋市=を書類送検した。書類送検は16日。同社は名古屋市東区の会社「タイセイ」の現地法人という。

 2014年5月10日ごろ、ハイフォン市税関局で、電線の原材料を輸入した際に実際と異なる品目や数量を書類に記載し、関税を過少申告したことに対する追徴課税や行政処分を減免してもらう見返りに、同局職員2人に現金を渡した疑い。

(2020年01月20日 18時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ