山陽新聞デジタル|さんデジ

新型肺炎、新たに発症者17人 中国武漢、増える可能性

 中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)
 中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)
 【北京共同】中国湖北省武漢市の衛生当局は19日、新型コロナウイルスによる肺炎の発症者を新たに17人確認したと発表した。武漢市での発症者は計62人に増えた。さらに全市規模で疑わしい病例の検査を進めるとしており、今後も発症者数が増える可能性がある。

 これまでより精度を高めた試薬キットを使って発熱患者らを検査したところ、30~79歳の男女計17人の発症を確認したという。13日までに発熱やせきの症状が出ていた。うち3人は症状が重い。

 発症者62人のうち2人は死亡、計8人が重症で、19人は退院した。他の発症者は隔離され治療を受けており、症状は安定しているという。

(2020年01月19日 10時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ