山陽新聞デジタル|さんデジ

民放、東京五輪を日替わり放送 5局が数日ずつ分担、盛り上げ

 東京五輪のメインスタジアムとなる国立競技場
 東京五輪のメインスタジアムとなる国立競技場
 7月開会の東京五輪の期間中、民放の地上テレビ各局が日単位で大会の担当局を決め、交代でほぼ終日、集中的に競技を放送することが18日、関係者への取材で分かった。

 自国開催の五輪を盛り上げるため空前の規模で伝え、「史上最大規模のオリンピック放送」をうたうNHKに各局連携で対抗する狙いも。チャンネルを替えていけば連日、テレビで“五輪漬け”を体験できることになりそうだ。

 関係者によると、開会2日目の7月25日から閉会前日の8月8日までの間に、日本テレビ系列局が4日間、テレビ朝日系とTBS系、フジテレビ系が各3日間、テレビ東京系が2日間の集中放送日を設ける計画。

(2020年01月18日 21時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ