山陽新聞デジタル|さんデジ

災害時、早めの避難を エフエムくらしき 啓発ステッカー

災害時の早期避難喚起のため、エフエムくらしきが製作したステッカー
災害時の早期避難喚起のため、エフエムくらしきが製作したステッカー
 コミュニティーFM放送局・エフエムくらしき(倉敷市白楽町)は、災害時の「逃げ遅れゼロ」へ、市民に早期避難を呼び掛けるステッカーを作った。

 「逃げるは恥じゃない。」を合言葉に、避難情報が発令された際には周囲に声を掛けて早めに逃げるとの“宣言”を記載。約10センチ四方で、目に留まりやすいよう黒と黄を基調にデザインした。ハザードマップと合わせて活用する狙いで、自宅や勤務先、緊急・水害時・地震時の各避難場所などを示すシールもセットにしている。

 2千枚製作。同局で希望者に配布するほか、防災関連の行事で活用する。前澤智也編成・技術部長(47)は「ラジオを通じてリスナーに防災を呼び掛ける以外に、自分たちができることを考えた。危険が迫ったらとにかく逃げるという意識付けにつながれば」と話している。

 同局は、緊急告知FMラジオ「こくっち」を共同開発し、販売を手掛けるなど防災活動に力を入れている。

(2020年01月19日 09時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ