山陽新聞デジタル|さんデジ

遠い沖合でプレートのずれ観測 南海トラフ震源域近く

 近い将来に起きるとされている南海トラフ巨大地震を巡り、紀伊半島―九州の海岸から数十キロ沖合の海底下でプレート境界が強い揺れを出さずにずれ動く「ゆっくり滑り」が2008~18年に少なくとも4回発生したのを観測したと、東京大と海上保安庁のチームが15日までに発表した。想定される震源域の南側、深さ20キロより浅い地下とみられるが、巨大地震との関係は分かっていない。

 ゆっくり滑りは地震計では捉えられないが、地面の動き(地殻変動)に現れるため、陸上に置いたGPS機器などで観測されている。

 海保が南海トラフ沿いの海底に機器15台を設置、データを回収し分析した。

(2020年01月16日 04時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ