山陽新聞デジタル|さんデジ

アニメ調人物や油彩画の力作並ぶ 岡山で理大付高卒業制作展

高校生の意欲作が並ぶ会場
高校生の意欲作が並ぶ会場
 岡山理科大付属高(岡山市北区理大町)のアニメ・デザインコースの卒業制作展が山陽新聞社さん太ギャラリー(同柳町)で開かれている。19日まで。

 3年生48人が高校生活の集大成として力を注いだ約300点を出品した。アニメタッチのキャラクター画、ポップアートを思わせるイラスト、本格的な油彩画、パソコンを駆使したデジタルイラストなど多彩な作品が並ぶ。

 オリジナルのキャラクターを背景までしっかり練り込んで描いたイラストや、人物の表情が少しずつ動いていくアニメの動画作品など、意欲作が来場者の目を楽しませている。

 出品した三宅春香さん(17)は「どの作品にも作者の思いがこもっている。多彩な個性や情熱を感じてほしい」と話す。

 時間は午前10時~午後5時(最終日は同4時まで)。入場無料。

(2020年01月15日 19時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ