山陽新聞デジタル|さんデジ

【1月15日】早春の訪れ 後楽園で梅の剪定 AIアナNEWS


早春の訪れ 後楽園で梅の剪定
 岡山市の後楽園で14日、梅の剪定(せんてい)が始まった。枝の風通しを良くして病害虫の発生を抑えるとともに、開花時の姿を美しくするため毎年行っている。既に花を咲かせ始めた枝もあり、園内に早春の訪れを漂わせている。

奇跡の牛「元気君」天国へ
 1998年の台風による洪水で津山市から吉井川を下って瀬戸内海まで約90キロ流されて助かり、奇跡の牛として親しまれてきた「元気君」が14日、飼育先の岡山県勝央町岡、おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジで死亡が確認された。町によると、死因は老衰。満21歳で、人間の年齢に換算すると105歳程度に相当する長寿を全うした。

岡山県産ノリ 色つやや味を審査
 岡山県産ノリの2019年度共進会(県漁連主催)が14日、岡山市南区浦安南町の県漁連であり、最優秀の農林水産大臣賞に朝日漁協(岡山市)の豊田次郎さん(59)が選ばれた。

(2020年01月15日 00時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ