山陽新聞デジタル|さんデジ

奇跡の牛「元気君」天国へ 21歳 勝央の農業公園で長寿全う

奇跡の牛として親しまれ、大往生を遂げた「元気君」=4日(勝央町提供)
奇跡の牛として親しまれ、大往生を遂げた「元気君」=4日(勝央町提供)
 1998年の台風による洪水で津山市から吉井川を下って瀬戸内海まで約90キロ流されて助かり、奇跡の牛として親しまれてきた「元気君」が14日、飼育先の岡山県勝央町岡、おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジで死亡が確認された。町によると、死因は老衰。満21歳で、人間の年齢に換算すると105歳程度に相当する長寿を全うした。

 町は元気君が生活していた園内のふれあい動物園に16日、献花台とメッセージを募るノートを置く方針。後日、お別れ会も予定している。

 町や指定管理者の有限会社・アライス(津山市)によると、世話の担当者が14日午前6時ごろ、息をしていないのに気づき、獣医が同10時すぎ、死亡を確認した。1年ほど前から脚を悪くして徐々に痩せ、食欲も衰えていた。今月13日に立てなくなり、公開を中止していた。

 元気君は、今も近隣の保育園や小学校が遠足で訪ねてくるなど子どもたちや地域の人に愛されていた。近くの勝間田保育園の頃安敦子園長(58)は「多くの園児がふれあいを楽しみにしていた。思い出はいつまでも心に残る」と言い、アライスの富田安彦社長(41)は「施設や町のシンボルとして長年よく頑張ってくれた」と感謝の言葉を贈った。

 元気君をもともと飼育していた石岡牧場(津山市金屋)の前社長石岡基さん(70)は「台風で20頭余りが流され、1頭が助かったと聞いたときの驚きは今も鮮明に覚えている」とし、「牧場も大きな打撃を受けたが、元気君が再建の励みになった。冥福を祈りたい」と話した。

 元気君 生後6カ月だった1998年10月18日未明、台風10号で吉井川が氾濫して津山市の牧場から流された。瀬戸内市沖の黄島に漂着しているのが見つかり、20日に救助された。この年の11月、牧場からノースヴィレッジに寄贈され、来場者の人気を集め、歌や絵本の題材にもなった。

(2020年01月14日 22時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ