山陽新聞デジタル|さんデジ

イラン、撃墜関与で複数人逮捕 厳正捜査強調も真相解明は不透明

 墜落したウクライナの旅客機の残骸=8日(ゲッティ=共同)
 墜落したウクライナの旅客機の残骸=8日(ゲッティ=共同)
 【テヘラン共同】イラン司法府の報道官は14日、ウクライナ機撃墜に関与した複数の人物を逮捕したと発表した。役職や容疑は明らかにしなかった。撃墜に絡む逮捕の公表は初めて。ロウハニ大統領は14日の演説で「許せない過ち」として徹底的な捜査と責任追及が必要だと言明。司法当局が特別法廷を設置すべきだと述べた。

 国内外の批判にさらされたイラン指導部は“厳正捜査”を強調する構えだが、指導部や革命防衛隊の責任など、真相解明が実現するかどうかは不透明だ。

 一方当局に抗議するデモは13日も首都テヘランで続き、3日連続となった。当局はインターネット接続を一部制限したもようだ。

(2020年01月14日 19時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ