山陽新聞デジタル|さんデジ

愛媛知事、MOXの計画的搬出を 伊方原発での取り出し

 愛媛県の中村時広知事は14日、四国電力伊方原発3号機(同県伊方町)で、プルサーマル発電で使い終わったプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が取り出されたことについて「安全な一時保管と計画的な搬出に向けた取り組みを求める」とコメントした。

 政府や電力会社は、使用済みのウラン燃料を化学的に処理(再処理)し、プルトニウムを取り出し再利用する「核燃料サイクル」の一環として、普通の原発でMOX燃料を燃やすプルサーマルを推進。だが、使用済みMOX燃料は再処理施設が国内になく搬出先は未定で、当面は原発内のプールで保管する。

(2020年01月14日 17時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ