山陽新聞デジタル|さんデジ

この連休は各地で成人式があった…

 この連休は各地で成人式があった。ふるさとで旧交を温めた新成人たちは気持ちを新たに、日常へと戻ったことだろう▼新成人は幼いころから、スマートフォンなどデジタル機器に慣れ親しんできた世代である。便利さを享受しつつ、新しい価値観で社会をより豊かに変えてほしいと願う。ただ、気になる話もちらほらと耳に入ってくる▼映画館の上映中、スマホを操作し、画面の明かりが漏れて周りに迷惑をかける若者がいる。スマホが気になって2時間も我慢できない。そんな話題をテレビ番組が取り上げていた▼身近なところでは、サービス業の知人がぼやいていた。接客の合間に新人がスマホばかり触って困る。先輩の動きを見て学ぼうとしたり、客の様子に目を配ったりしない。あれでは仕事上の成長はとても望めない、と▼“スマホ依存”は若い世代に限った話ではないが、未来ある若者には特に知っておいてほしい。近年、脳科学の分野でもリスクが指摘されている。スマホを使い過ぎると情報過多で脳が疲れ果て、判断力や意欲の低下にもつながると警鐘を鳴らす医師もいる。入ってきた情報を整理するために、人間の脳にはぼんやりする時間が必要という▼大事なのはスマホを使わない時間を意識して設けることらしい。新成人の皆さん、人生の主役をスマホに奪われないように。

(2020年01月14日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ