山陽新聞デジタル|さんデジ

受験生応援の「合格」まんじゅう 井原鉄道が12日販売

限定販売する紅白まんじゅうや、ゴボウのかりんとうとしょうゆのセット
限定販売する紅白まんじゅうや、ゴボウのかりんとうとしょうゆのセット
JR岡山駅で「井原線感謝デー」をPRする関係者ら
JR岡山駅で「井原線感謝デー」をPRする関係者ら
 本格的な受験シーズンを前に、井原鉄道(井原市東江原町)は、受験生を応援しようと、「合格」と「紅白」を語呂合わせしたまんじゅうなどを作った。12日に開催する「井原線感謝デー」に合わせて井原駅(同市七日市町)で限定販売する。

 紅白まんじゅうは、地元和菓子店とコラボレーション。あんこ入りで、「必勝」の文字を焼き印している。1個250円。

 市特産のゴボウ「明治ごんぼう」で作ったかりんとうと、「吉」ラベルが貼られたしょうゆのセットも販売。「ごんぼうじょうゆ」と名付けて「願望成就」の意味を込めた。1セット500円。

 当日は午前9時から販売し、まんじゅうは100個、かりんとうとしょうゆは50セットずつ用意する。井原駅の鳥越肇駅長は「受験前のラストスパートで緊張もあると思うが、語呂合わせの商品で和んでもらい、合格を目指してほしい」と話している。

 問い合わせは井原駅(0866―62―6669)。
  
 ◇

 井原鉄道と沿線などの自治体でつくる協議会は10日、「井原線感謝デー」をPRしようと、JR岡山、倉敷、福山の各駅でちらしなどを配った。

 岡山駅では夕方、そろいの法被を着た同社社員と自治体職員ら7人が活動。1日乗り放題切符(大人500円、小学生300円)の販売や、主要5駅(総社、吉備真備、矢掛、井原、神辺)で行うスタンプラリーなどのイベントを紹介するちらしとポケットティッシュ1500セットを駅利用者らに手渡した。

 感謝デーは開業日の1月11日の前後に毎年開催。各駅での催しは午前9時~午後3時。当日は臨時列車を上下計11本運行する。

(2020年01月10日 21時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ