山陽新聞デジタル|さんデジ

備前で「ハルカの陶」上映会 25、26日 奈緒さんらトークも

映画「ハルカの陶」の一場面((C)2019「ハルカの陶」製作委員会)
映画「ハルカの陶」の一場面((C)2019「ハルカの陶」製作委員会)
 東京でOLをしていた主人公・小山はるかが備前焼作家の大皿にほれ込み、弟子入りして陶芸家を目指すストーリーの映画「ハルカの陶(すえ)」の上映会が25、26日、備前市西片上の市民センターで開かれる。25日ははるか役の女優奈緒さんらが登場し、トークショーを行う。

 原作は同名漫画。俳優の笹野高史さん、平山浩行さんらが出演。末次成人監督。上映は両日ともに正午、午後3時からで計4回。119分。定員は各回786人。

 トークショーの時間は未定だが、奈緒さんや末次監督らが映画制作などについて話す。映画の主題歌「スプートニクの夜明け」を歌うシンガー・ソングライターのサボテン高水春菜さんのライブもある。

 2018年秋に備前市を中心にロケが行われた映画は昨年10月、岡山市で先行上映がスタート。11月下旬から全国上映されている。

 今回の上映会は、映画館がない備前市でも「ハルカの陶」を楽しんでもらおうと、映像製作会社・ニューマーク(さぬき市)などでつくる製作委員会が企画した。

 前売り、当日券ともに1100円。備前焼伝統産業会館や備前観光協会などで販売。問い合わせは備前市産業観光課(0869―64―1832)。

(2020年01月09日 15時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ