山陽新聞デジタル|さんデジ

新見と新庄 県内トップ切り成人式 大人の自覚と責任、心に刻む

式後の懇親会で記念写真を撮る新成人たち=新見市
式後の懇親会で記念写真を撮る新成人たち=新見市
新庄村の成人式に出席した新成人たち
新庄村の成人式に出席した新成人たち
 成人の日(13日)を前に、新見市と岡山県新庄村で2日、県内市町村のトップを切って成人式が開かれ、振り袖やスーツ姿の新成人が大人の自覚と責任を心に刻んだ。

 新見市の式はまなび広場にいみ(同市新見)であり、209人が出席した。池田一二三市長が「一日一日を大切に積み重ね、社会に貢献できる大人へと成長して」と激励。新成人を代表して新見市職員の村上瑞希さん(19)=同市=が「新見で得た経験を最大限に生かし、自らの意思で希望に満ちあふれた未来を創造していく」と誓った。

 式後は立食形式の懇親会もあり、新成人たちは談笑しながら旧交を温めていた。

 新庄村の式は村公民館で開かれ、対象者6人のうち4人が出席。一人ずつ今年の抱負や将来の夢を語った。

 小倉博俊村長は「私たちは皆さんが誇れる村づくりを目指している。いつかは地元に戻り、一緒に地域おこしに取り組んでほしい」とあいさつ。代表で岡山市内の大学の1年守岡直輝さん(20)が「育ててくれた家族や地域に感謝し、目標に向かって互いに切磋琢磨(せっさたくま)していく」と述べた。式後は記念写真を撮るなど旧友との再会を楽しんでいた。

 両市村では、年末年始の帰省時期に合わせて成人式を開催している。

(2020年01月02日 18時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ