山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内の新成人1万9630人 前年より減、成人式は大半が12日

岡山県内の新成人1万9630人 前年より減、成人式は大半が12日
 2020年に成人式の対象となる岡山県内の新成人は1万9630人で、前年より536人少ないことが県教委のまとめ(昨年11月1日現在)で分かった。成人式は西粟倉村を除く26市町村が1月中に行い、大半が12日に予定。「成人の日」の13日に行う市町村はない。

 減少は4年ぶり。出生数を踏まえれば、今後も増減を繰り返しながら右肩下がりとなっていく見通しという。

 県教委によると、内訳は男性9961人(前年比390人減)、女性9669人(同146人減)。市町村別では岡山市7477人、倉敷市5131人、津山市977人、総社市763人、玉野市637人の順に多い。

 成人の日の前日に当たる12日は日曜で、23市町が成人式を実施する。県外在住の新成人が正月に帰省するのに合わせ、新見市と新庄村は2日、久米南町は3日。西粟倉村はお盆の8月15日に行う。

 成人式の対象は、西粟倉村が20年度に20歳になる人、他は20歳になるのが19年度中の人としている。多くの市町村で新成人が運営に携わり、イベントなどを企画。記念撮影や恩師からのビデオレター上映などを予定している。

(2020年01月01日 11時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ